COCON GINZAって?

銀座・歌舞伎座前に誕生した日本和装の新メゾン。
国籍・男女を問わず多くの方にきものを楽しんでいただくために、きもの体験、フォトセッション、TOKYOツアー企画など「体験型プログラム」を通じて、和装文化の魅力を発信しています。
住所/東京都中央区銀座5-14-1銀座クイントビル2階
(歌舞伎座正面)
Tel/03-3549-0070
>MAP >HP

素敵なコーディネートをご紹介

観劇レポやエンタメニュース発信

オシャレで美味しいお店を厳選

催しやサービスの紹介

20178/11

八月納涼歌舞伎 初日!

IMG_5969

八月の公演は初日が9日前後と、遅く開始されるのが通例です。この日の東京は異常な暑さ!

でも、こんな日差しにもかかわらず、一幕見に並ぶ方の多さに驚きます。

IMG_5973

外国の方の参加もどんどん増えているように感じます。

 

さて今公演、今年の八月の納涼歌舞伎のテーマは大きく二つ、

①三部制であること( 通常公演は 11:00~と16:30~の 昼・夜の二部制)

なので、演目がも1部の中に2つとコンパクトな上演です。

そもそも、夏の歌舞伎座の公演は、昔から重鎮たちが夏期休暇や、夏季の巡業で留守と出演しないことが多く、 若手が中心の公演で、今月も 中村兄弟 と 猿之助丈がメインの配役となっています。

観客も夏休みと歌舞伎が初めての方も多いため、新歌舞伎だったり(言葉が口語でわかりやすい)派手に宙乗りがあったり、が傾向です。

②第三部 「桜の森の満開の下」は 野田版歌舞伎の4作目

野田秀樹というと、「野田マップ」 現代演劇の人気劇団の主宰ですが、その野田秀樹氏と親交が厚かった故、中村勘三郎丈の遺志を継承しての 新作歌舞伎です。

 

今日8/9初日は 第1部 2部の を拝見しました。(第3部は8/27の千秋楽に観る予定です。)

第1部は 若手中の若手(?) 中村勘太郎くんの「玉兎」日舞を舞う真剣さと、可愛らしさが光ます。

第2部の 「修善寺物語」は 追善狂言 で 坂東彌十郎さんが

お面を作る職人、「おもて職人」として奮闘でした。

IMG_5975

そして なんと言っても、第2部の 東海道中膝栗毛「歌舞伎座捕物帖」

昨年、面白いと大評判だった第二部の「東海道中膝栗毛」の続編は もう、まるで 現代劇のはちゃめちゃ感。

先ず、最初っから宙乗りで 3階から降りてきます。 (前公演の終わりからの続き、という体です)

IMG_5978

(開演直前は宙降りのため、黒幕の中で準備)

IMG_5981IMG_5980

そして、最後は この桜吹雪の中 再び 宙乗りで戻ります。

席がちょうどその宙乗りルートのの真横でしたので、スカートの上も、かばんの中まで桜吹雪でした。

IMG_5982

猿之助丈と染五郎丈 息はぴったり。

真夏の歌舞伎座は 熱気と笑いに溢れています。

第三部も楽しみ~♪

関連記事