COCON GINZAって?

銀座・歌舞伎座前に誕生した日本和装の新メゾン。
国籍・男女を問わず多くの方にきものを楽しんでいただくために、きもの体験、フォトセッション、TOKYOツアー企画など「体験型プログラム」を通じて、和装文化の魅力を発信しています。
住所/東京都中央区銀座5-14-1銀座クイントビル2階
(歌舞伎座正面)
Tel/03-3549-0070
>MAP >HP

素敵なコーディネートをご紹介

観劇レポやエンタメニュース発信

オシャレで美味しいお店を厳選

催しやサービスの紹介

20172/10

国立劇場2月文楽公演 「近松名作集」は わかり易く、美しく!です。

文楽公演は 大阪が本場ですが、実は東京の公演の方が人気も高くチケットが取りにくい現状があります。

2月公演 三本立ての「近松名作集」当然ながら、 本日も満員御礼!!(2/8COCONのお休みの水曜です)。

IMG_3981

三本立ての内容は、

①「 平家女護島」 歌舞伎でもよく上演される「俊寛」ですね。今回は 以前講演もお願いした 、吉田幸助さんが清盛を熱演!

②「曾根崎心中」近松の代名詞。徳兵衛を吉田玉男さん お初を桐竹勘十郎さん という同期ゴールデンコンビ!

文楽の女性は普通 、きものはストンとありますが 足はありません。でも、お初は特別です。

「天満屋の段」では 徳兵衛と足で会話をします。小さくて綺麗な足が登場します。

③「冥途の飛脚」最後の道行きは美しいですね、でも如何せん 公金横領?!はいけません。実話に基づいたドラマです。

道行の場面は綺麗でしたね~ そこはまるでメルヘン。

IMG_3986IMG_3987

以前 小袖でインタビューも受けてくださった、桐竹勘十郎さんの著作が発売になりました。 いつもお世話になっている勘十郎さん、とても精力的に文楽の素晴らしさを広めていらっしゃる方です。文楽はちょっとまだ・・・・・と敬遠とされる方にこそ、文楽の素晴らしさを体験していただきたい、と思います。

今度是非、機会をつくり、「COCONで文楽の楽しみ方講座」をお願いしたい!、がんばります。

IMG_3964

最近は文楽公演中の国立小劇場にも、くろごちゃん(国立劇場のマスコット)がよく登場します。幕間に癒されま~す。

 

 

関連記事